ここから本文です

<週刊プレイボーイ>新宿に30メートル超の巨大駅貼り アグネス・ラムや等身大の武田玲奈、久松郁実

まんたんウェブ 10/10(月) 0:00配信

 週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)が10月に創刊50周年を迎えたことを記念して、東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナード(東京新宿区)に2面合わせて約30メートルにもおよぶ“超巨大駅貼り”が10~16日に登場することが分かった。

【写真特集】二階堂ふみがバニーガール姿に セクシーなアグネス・ラムも

 “超巨大駅貼り”の1面は、この50年間の日本と世界のニュース、事件、風俗を伝えた「週刊プレイボーイ」の記事をピックアップした「週プレ50周年面」で、もう1面は、同誌で活躍する武田玲奈さんや内田理央さん、久松郁実さん、片山萌美さんら10人のアイドルの等身大の写真、アグネス・ラムさんや二階堂ふみさんのバニーガール姿などが掲載される。

 また、壁面のQRコードを読み取ると、アクセスできる「週プレ アイドルステーション」では、二階堂さんのアザーカットなどを見ることができる。

 さらに、壁面を撮影してツイッターでハッシュタグ「#週プレ50周年」を付けてツイートすると、ボードに登場したアイドルのサイン入り生写真10枚セットが抽選で当たるキャンペーンも実施。また、カローラの特別仕様車「COROLLA AXIO HYBRID G“50 Limited”」、iPad mini4、同誌創刊号のライオンマークがデザインされた500円相当の図書カードがもらえるプレゼント企画も行われる。

最終更新:10/10(月) 0:00

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]