ここから本文です

映画「彼岸島」白石隼也&鈴木亮平がヤンマガでデラックスなトーク

コミックナタリー 10/9(日) 14:12配信

松本光司原作による実写映画「彼岸島 デラックス」でダブル主演を務める白石隼也と鈴木亮平の対談が、発売中のヤングマガジン45号(講談社)に掲載されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

宮本明役を演じた白石と、明の兄・宮本篤を演じた鈴木の2人は、映画の見どころや原作の面白さについてトークを繰り広げた。映画の公開を記念し、ヤングマガジンで連載中の「彼岸島 48日後…」は巻頭カラーを飾った。

このほか今号にて川上真司原作による永田諒「DELETE」が完結。単行本の最終3巻は12月6日に発売される。

最終更新:10/9(日) 14:12

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]