ここから本文です

梨花、露出度高めな写真集を息子に見られハラハラドキドキ 「年頃にみたら嫌なんだろ~なとか……」

ねとらぼ 10/9(日) 15:35配信

 スタイル抜群なモデルさんであっても、生まれてきた自分の子どもに写真を見られるのは恥ずかしいものなのかもしれません。モデルの梨花さんが10月9日、写真集に載っている露出度高めの写真を息子に見られ、「ハラハラドキドキ」したことをInstagramでつづりました。

【画像】写真集を眺める息子くん

 Instagramには、写真集をめくる息子くんの動画も投稿。最初は困惑気味だった梨花さんですが、浴槽に浸かる写真を見て「面白いなんか!」とはしゃいだり、口紅が無造作に塗られている姿を見て「血でてるの?」と心配したり、パラパラとページをめくりながら「かわいい!」と褒めたりする無邪気な反応に、「本当?」とうれしそうな声をあげるシーンも。見ているこちらまでほっこりさせてくれます。

 「息子にママのお仕事はふわぁ~とさせておきたい気持ちでいた」という梨花さんですが、本屋で自分が表紙になっている本を見たときの息子の反応がとてもうれしいものだったことから、考えが変わったそう。息子くんも最近は梨花さんのマネをして、梨花さんがファンから握手を求められると、自分も名乗りながら手を差し出すのだとか。

 「男の子だから年頃にみたら嫌なんだろ~なとか、パソコンで自ら色々調べられる年齢になって真実ではない記事とかまで見て悲しいおもいもしちゃうのかな…」と、まだまだ心配な気持ちはあるようですが、ファンからは「写真のりんかさんはかっこいいし、いい意味でイヤらしくないから大丈夫ですよ!」「大丈夫!きっと一番の良き理解者になってくれる^ ^」「息子さんの目に映ってる梨花さんが真実だと思います」など、暖かい言葉が贈られています。

最終更新:10/9(日) 15:35

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]