ここから本文です

【F1 日本GP】ロズベルグが今季9勝目、メルセデスがコンストラクターズチャンピオンを決める

レスポンス 10/9(日) 21:18配信

2016年のF1第17戦日本GPの決勝レースが9日、鈴鹿サーキットで行われ、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンを飾った。

[関連写真]

今朝まで強い雨が降っていた鈴鹿サーキット周辺だが、決勝に向けてコンディションが回復。気温21度の曇り空だったが、ドライコンディションの中で決勝が始まった。

スタートではポールポジションのロズベルグが好スタートを決めるが、2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)がスタートに失敗。一気に8番手まで後退してしまい、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が2番手に上がる。

最大のライバルがいなくなったロズベルグは、序盤から順調にリードを広げ、9周目で早くも5.7秒のリード。順調に周回を重ねていく。一方、8番手まで落ちてしまったハミルトンだが、狭い鈴鹿で積極的にオーバーテイクを仕掛けていき、15周目に4番手に浮上。その後、ピット戦略で3番手を走っていたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を逆転する。そのままフェルスタッペンにも迫っていき、残り10周を切って1秒圏内へ。残り2周の西ストレートから130Rで間合いを詰め、シケインでインに飛び込もうとするが、フェルスタッペンがすかさずブロック。ハミルトンは行き場を失い、2輪専用シケインの方へ逃げる形でコースオフ。これで2位争いが確定することになった。

結局、後半は完全に一人旅状態となったロズベルグが、そのままトップチェッカー。今季9勝目、通算23勝目。そして鈴鹿では待望の初勝利を飾った。2位にはフェルスタッペンが入り、こちらも鈴鹿初表彰台。3位にはハミルトンが続いた。

今回のレース結果により、メルセデスが3年連続のコンストラクターズチャンピオンを獲得。ドライバーズチャンピオン争いではロズベルグが313ポイント、ハミルトンが280ポイント。両者の差は33ポイント。ロズベルグが初のチャンピオンに向けて、また一歩近くレースとなった。

マクラーレン・ホンダ勢はフェルナンド・アロンソが15番手からスタートするが、なかなかペースを上げることができず、16位でフィニッシュ。ジェンソン・バトンは決勝前にパワーユニットを交換し35グリッド降格ペナルティを受け最後尾からスタート。序盤にハードタイヤを選択する作戦に出たが、思うように順位を上げられず18位でレースを終えた。

なお、決勝終了後にメルセデス側が残り2周のシケインでの件について抗議を提出。フェルスタッペンがブレーキング時にラインを変えたと主張。両者へのヒアリングなど検証は次回の第18戦アメリカGPで行うという発表がなされたが、直後にメルセデスが抗議を取り下げ、結果に変動はない。

2016F1第17戦日本GP決勝結果
1.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
3.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
4.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5.キミ・ライコネン(フェラーリ)
6.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
7.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
8.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
9.フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
10.バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)


16.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
18.ジェンソン・バトン(マクラーレン)

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:10/9(日) 21:18

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。