ここから本文です

9日棚倉で全日本小学生ゴルフ 6年ぶり県内開催

福島民報 10/9(日) 9:53配信

 6年ぶりに福島県内で開催される第11回日本女子プロゴルフ協会(LPGA)全日本小学生ゴルフトーナメントinしらかわの開会式は8日、棚倉町のルネサンス棚倉で開かれた。東京電力福島第一原発事故前の開催地で主催していた富岡町から、ゴルフタウンしらかわ推進協議会に大会が引き継がれた。
 式で宮本皓一富岡町長が「福島、全国の方が心を一つにできる大会にしてほしい」とあいさつし、伊藤佳子LPGA副会長に感謝状を贈り、佐藤利幸同推進協議会長には優勝カップを託した。
 内堀雅雄知事と平成23年~27年の開催地だった千葉県野田市の鈴木有市長も登壇し成功を願った。全国9地区ごとに出場者がステージに上がり「福島でプレーできることに感謝し、優勝を目指す」などと気勢を上げた。
 大会は9日に棚倉町の棚倉田舎倶楽部で開かれ、各地区予選を勝ち抜いた90人が出場する。県内からは福島市の板垣結叶(ゆいか)さん(御山小4年)が初出場する。開会式で「ベストに近いスコアが出るように頑張りたい」と語った。
 今大会はLPGAと同推進協議会などでつくる実行委員会の主催。

福島民報社

最終更新:10/9(日) 11:56

福島民報