ここから本文です

【ノア】オカダ組撃破!丸藤GHCタッグ王座V5

東スポWeb 10/9(日) 16:51配信

 8日のノア東京・後楽園ホール大会で行われたGHCタッグ選手権は王者の丸藤正道(37)、矢野通(38=新日本プロレス)組が新日プロのオカダ・カズチカ(28)、YOSHI―HASHI(34)組を下し、5度目の防衛に成功した。丸藤は最高の形でオカダのIWGPヘビー級王座に挑戦することになったが、その原動力は元レスリング世界女王・山本美憂(42)の姿にあった。

 新日プロの“真打ち”が登場すると、会場のボルテージは最高潮になった。オカダのノア参戦は約7年5か月ぶりのこと。しかもこの日の観衆は1515人超満員(主催者発表)で、見事にカネの雨を降らせた。

 だが、試合では丸藤が躍動した。場外で激しくやり合うと、10分過ぎにはレインメーカーを寸前でかわし、トラースキックを発射。ここから流れをつかんで、YOSHI―HASHIに狙いを定めた。カットに入ったオカダを虎王で場外まで吹っ飛ばし、レインメーカーポーズを決めてから変型エメラルドフロウジョンで勝利した。

「さあ、あさってだ。そのベルトは俺がいただく」。10日の新日プロ東京・両国国技館大会で挑むIWGP王者オカダに、高らかにベルト奪取を宣告してみせた。

 9月26日に37歳の誕生日を迎えた。時を同じくして、他団体の至宝に挑戦することについて「このまま新日本に行け」「負けたら終わり」という否定的なファンの声も耳にした。そんな時、目にしたのが同25日の格闘技イベント「RIZIN」(さいたまスーパーアリーナ)に出場した美憂の姿だった。

 RENA(25)に敗れはしたが、42歳で初めて総合格闘技に挑戦した光景をテレビで目にして「俺も年を取ったとか言ってられない。挑戦する姿勢を見せなきゃ」と、迷いは吹っ切れた。

 埼玉栄高時代、レスリング部の練習に妹の聖子(36)が参加したことがきっかけで、親交を持つようになった。美憂は大のアメリカンプロレスファンで、その知識は丸藤が驚くほど。2013年5月にカナダの大会に出場することが決まった際には、現地在住の美憂と会う約束をしていたが、直前の負傷により実現しなかった。

「一度、俺の試合を見に来てほしい」。2冠王になった姿を見せる――。その思いを胸にいよいよ運命の決戦に臨む。

最終更新:10/9(日) 16:51

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。