ここから本文です

ディズニー公認アーティストにパクリ疑惑? 展示会主催者がコメント「当社は正規のルートで仕入れております」

ねとらぼ 10/9(日) 21:53配信

 ディズニー公認アーティストの1人、ジョエル・ペイネ氏の作品に盗作疑惑が持ち上がっている件で、公認アーティスト作品の展示販売会「ドリームアートワールド2016」を主催するアールビバンは10月6日、「当社は、正規のルートで仕入れております」とのコメントを発表しました。

【画像】問題の作品(ジョエル氏のサイトより)

 問題となっているのは、ジョエル・ペイネ氏の作品の1つ「One Time Moment」。これに対し10月初旬、Twitter上で「反転すると別のイラストとまったく同じ構図になる」と、いわゆる「トレース疑惑」が指摘されたことから話題に。ジョエル氏のイラストはディズニー情報誌「ディズニーファン11月号」の「ドリームアートワールド」のページに載っていたため、同イベントを主催するアールビバンがコメントを出すに至ったようです。

 アールビバンはジョエル氏の作品について、「インターネット上にて、盗作(パクリ)であると掲載がされておりますが、ジョエル・ペイネ氏はディスニー公認アーティストであり、同作品はディズニーから許諾を受けた作品で、当社は、正規のルートで仕入れております 」とコメント。ただ、「ジョエル氏がディズニーの公認アーティストであり、作品はディズニーから許諾を受けたもの」「同社は正規のルートで仕入れている」という点をあらためて強調したにとどまっており、ジョエル氏の作品が盗作であるかどうかまでは触れませんでした。

 元になったとされるファンアートは日本人作者によるもので、2013年にPixivとdeviantARTで発表。今回「ディズニーファン」を読んだフォロワーが「似ている」と作者に報告したことから発覚しましたが、本人のツイートによると“私の目がおかしくなったのかと思ったくらいに”そっくりだったそうです。

最終更新:10/9(日) 21:53

ねとらぼ

なぜ今? 首相主導の働き方改革