ここから本文です

稲葉友とのキスに竹内涼真「嫌な気しなかった」、「ドライブサーガ」完成披露で告白

映画ナタリー 10/9(日) 16:45配信

Vシネマ「ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート」の完成披露舞台挨拶が本日10月9日、東京・品川インターシティホールにて行われキャストの稲葉友、蕨野友也らが登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2作品で構成された本作は、特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」のスピンオフ第2弾。「仮面ライダーマッハ」では稲葉扮する詩島剛、「仮面ライダーハート」では蕨野演じるハートを主人公に、それぞれの戦いが描かれる。

イベントには稲葉と蕨野のほか、出演者の吉井怜、井俣太良、馬場ふみか、はねゆり、そしてサプライズゲストとして「仮面ライダードライブ」で主演を務めた竹内涼真、ヒロインを演じた内田理央が登場。最初にマイクを握った稲葉は作品鑑賞後の観客の様子を見て「こんなに盛り上がっていただけるとは、ファイナルステージかと思いました」と挨拶する。続けてテレビシリーズで仮面ライダードライブらの敵を演じていた蕨野が「ただいま! ハート・ロイミュード……いや、仮面ライダーハート役の蕨野友也です」と述べると、会場から大きな歓声が上がる。

製作決定を知ったときの感想をMCから聞かれた稲葉は「正直な話、マッハはあるかな……って思ってたんです。ただ『仮面ライダーハート』って何って思いましたね」って笑顔でコメント。稲葉の言葉に「俺も」と返した蕨野は「『仮面ライダーハート』って言われて……俺どうすんのって。復活どうする、(竹内演じる泊)進ノ介との関係どうするのって思ってたんですが、(三条陸)先生が素晴らしい脚本を書いてくださいました」と続ける。

内田扮する剛の姉・霧子が進ノ介と結婚し、子供が生まれていることについて稲葉は「じんわり感動しました。(内田の)貴重な授乳シーンも……」と遠慮気味に紹介。内田は「(授乳を)したことがないのですごい緊張しました。体型を作るため、パットを入れていて……」と話の途中で顔を赤らめると、稲葉が「撮らないで」と取材陣を制する一幕も。

姉役の内田を守った稲葉に対して竹内は、いきなり「チューしたの覚えてます?」と質問。稲葉が「お前、それ言うの!?」と焦った様子で答えると、竹内が「僕が『剛』って叫びながら押し倒すシーンがあったと思うんですけど、勢いがよすぎて押し倒す前に唇が当たっちゃんです」と詳細を説明していく。「カットかかった瞬間に2人で『したよね』って(確認し合った)」と稲葉が続けると、竹内も「嫌な気はしなかった」と被せ、観客の笑いを誘う。

蕨野は客席を見渡し「『(仮面ライダー)ドライブ』という作品が愛されているんだと実感しています。皆さま方が仮面ライダーシリーズを愛してくれているおかげで今ここに立てていると思っています。今後とも愛し続けていただければ」と思いを伝える。最後の挨拶で稲葉は「本当に久々に共演者のみんなと会えて、観客の皆さんが思いをぶつけてきてくれることに涙が出そうになった。言葉に尽くせないってこういうことなんだなって。ドラマCDなども発売され、これからも続いていきますので飽きずに懲りずに愛していただけたらうれしいです」と心境を述べた。

「ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート」のBlu-ray / DVDは、11月16日に発売。

(c)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 (c)石森プロ・東映

最終更新:10/9(日) 16:45

映画ナタリー