ここから本文です

神楽殿こけら落とし 須賀川の神炊館神社

福島民報 10/9(日) 11:51配信

 東日本大震災で損壊した福島県須賀川市の神炊館(おたきや)神社神楽殿のこけら落としは8日、市内諏訪町の同神社で行われた。
 須田秀幸宮司が「神楽殿が復興のシンボルとして地域の絆を強め、街ににぎわいをもたらすよう願う」とあいさつした。「神炊館太鼓」の演奏で幕を開け、日本舞踊や民謡、クラリネットの演奏などが披露された。
 神楽殿は木造2階建て。2階に板張りの舞台を設けている。神楽の奉納のほか、地域住民が音楽や郷土芸能の発表の場に活用できるよう野外音楽堂の機能を備えている。

福島民報社

最終更新:10/9(日) 11:58

福島民報