ここから本文です

山田孝之、「ウシジマくん」イベントで「念願かなった」と喜ぶ安藤政信に感謝

映画ナタリー 10/9(日) 18:56配信

本日10月9日、「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」のトークイベントが東京・スターライズタワーにて行われ、主演の山田孝之をはじめとするキャスト陣、監督の山口雅俊が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、真鍋昌平のマンガを原作にした「闇金ウシジマくん」シリーズの完結編。山田演じる丑嶋が社長を務める闇金会社・カウカウファイナンスに集う債務者たちの欲望や転落を描く。

イベントは2部構成になっており、1部には山田と山口のほか、高橋メアリージュン、崎本大海、やべきょうすけといったレギュラー陣が登場。山田はシリーズ完結編の公開について「皆さんの反応が楽しみ。素晴らしい出来だと思ってます」と観客に思いを届ける。やべが「僕はホント寂しくて……」と泣きマネをしながらコメントすると、山田から「今日は元気ですね」とツッコミが入る。

3シーズンのテレビドラマ、そして本作と現在公開中の「闇金ウシジマくん Part3」を含め4本の映画が製作されてきた同シリーズ。イベントでは過去作に出演した片瀬那奈、林遣都、窪田正孝、門脇麦、柳楽優弥から動画で、菅田将暉から手紙でメッセージが届くサプライズも。映画版第1作に小川純役で出演した林の動画が流れている最中に山田が「あれ、こいつ樹海で死んだんじゃないの?」とこぼし、柳楽の「(『ウシジマくん』シリーズは)意外と観ている人も多くって」というメッセージにやべが「『意外』って失礼だな(笑)」とツッコミを入れるなど登壇者たちは終始楽しげな様子を見せた。

2部ではレギュラー陣に加え、完結編のゲスト俳優の永山絢斗、安藤政信、間宮祥太朗が登壇。永山は「歴史のある作品のファイナルに出演させていただけて幸せだなと改めて思いました。何をしゃべったらいいのかわからないんですが……とりあえずリラックスに努めます」とはにかみながら挨拶をする。

ドラマのシーズン1からファンだったと言う安藤は「ずっと出たい出たいって(やべ)きょうすけにメールを送っていて。やっと念願がかなった」となぜか笑いながらコメント。安藤が「終わっちゃうってことで悲しくて俺は……」と笑いながら続けると、山田は「1つぐらい本当のこと言ってもらってもいいですか?」と返す。その言葉に安藤が「山田と共演したかった」と答えると、山田は「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

シリーズを通して使用してきた丑嶋の眼鏡を観客にプレゼントするコーナーも実施され、終始盛り上がりを見せたイベント。山口は完結編に対して「シリーズで一番過激でハードな作品になっている。そして、お金で買えないものがあるという思いを込めて作りました」と制作時の思いを明かす。最後の挨拶で山田は「長らくお付き合いいただきありがとうございます。これで最後になります。いい終わり方をしているのでぜひ観てください」と観客に作品をアピールした。

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」は10月22日より全国ロードショー。



(c)2016真鍋昌平・小学館/「闇金ウシジマくん3」製作委員会・MBS (c)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

最終更新:10/9(日) 18:56

映画ナタリー