ここから本文です

西武・炭谷のいとこが大活躍 龍谷大平安、近畿大会出場へ

デイリースポーツ 10/9(日) 14:08配信

 「秋季高校野球京都大会・3位決定戦、龍谷大平安4-3乙訓」(9日・わかさスタジアム京都)

 5年連続のセンバツ出場を目指す龍谷大平安が、粘る乙訓を振り切り、近畿大会出場を決めた。同校OBで西武・炭谷銀仁朗の従兄弟に当たる松田憲之朗(けんしろう)内野手(1年)が一発を含む3安打3打点の活躍で、チームをけん引した。

 試合前に原田英彦監督から「思い切って振れ」とアドバイスされ「開き直ることも大事かなと思いました」と松田。初回無死満塁から右中間2点二塁打で先制点をたたき出すと、同点の五回には左翼席へ勝ち越しアーチを放って見せた。

 1点差の九回には、1年生の松本渉外野手(1年)が左中間を破りそうな打球をダイビングキャッチしてゲームセット。司令塔の田島光祐捕手が二塁へのけん制球でタッチアウトにするなど、1年生の奮闘が目立った。

 原田監督は「1年生はいい経験してると思いますけど、2年生は勝負しないといけない。1年生がいないとこのチームはムリ。2年生が邪魔している」と厳しい表情を浮かべる。強豪ひしめく近畿大会を勝ち抜くには、上級生の力が必要になる。「近畿までの2週間で2年生がどこまで本気になれるか。5年連続出場にどこまで気持ちを持って行けるか」と語っていた。

最終更新:10/9(日) 16:47

デイリースポーツ