ここから本文です

【競輪】麻丘めぐみが前橋G1に来場 「あの曲で左利きが市民権を得たんです」

デイリースポーツ 10/9(日) 15:43配信

 「寛仁親王牌・G1」(9日、前橋)

 G1開催中の前橋競輪場(群馬県前橋市)で9日、歌手で女優の麻丘めぐみ(60)が来場。ライブで場内を盛り上げた。

 ライブ中のMCでは「もう還暦になりました。(ステージの周囲を)見渡せば、同年代の方が多いですね」と語り出し「原形をとどめようと日々努力しております」と若さの秘けつを明かした。ライブではデビュー曲の「芽ばえ」、大ヒット曲の「わたしの彼は左きき」などを披露した。

 デイリースポーツの取材に応じた麻丘は「競輪場のイベントは久しぶりですね。ここのステージはお客さんとの距離が近いので1人1人の表情が見えるので、とてもやりやすいです」と笑顔。大ヒット曲の「わたしの彼は左きき」については「あの曲が制作されたころは左利きが少なかったんです。左でペンやお箸を持とうとすると、親から無理やり右利きにさせられる人が多かったですね。でも、あの曲がヒットして左利きが市民権を得たんですよ。その後はピンクレディーの『サウスポー』もヒットしましたし、デパートなどで文具、キッチン用品の『左利きコーナー』ができたんですよ」と明かした。

 文具などは左利き用が普通に売られるようになったが、鉄道の自動改札機はいまだに『右利き』オンリー。「あれは左利きの人に不便ですよね。今度、JRに掛け合ってみようかしら」と左利き応援隊としての使命感を抱いていた。

最終更新:10/9(日) 17:07

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]