ここから本文です

13人きょうだいの三女・沢井涼がKOデビュー

デイリースポーツ 10/9(日) 15:58配信

 「ボクシング女子・4回戦」(9日、堺市産業振興センター)

 大家族の孝行娘がKOデビューを飾った。アトム級4回戦で、7男6女13人きょうだいの三女、沢井涼(24)=井岡弘樹=がプロデビュー戦に臨み、パーウィッティダー・サックナロン(タイ)に2回TKO勝ち。初回からアグレッシブな攻めで相手にダメージを与え、レフェリーストップに持ち込んだ。

 32歳から12歳までのきょうだい全員と両親が見守る中での勝利に「うれしいです」と笑顔を咲かせ、「お客さんを楽しませられるボクサーになりたい」と夢を語った。

 きょうだいは子供の頃から格闘技に親しんでおり、沢井も空手やテコンドーなどの有段者。右構えから強い左ジャブを的確に当て、相手をコーナーに追い込んでからは一気にラッシュをかける勝負勘も。自身の持ち味は「前に出るガッツ」。大家族の中で培った“生存競争”を武器にするど根性娘だ。

 父の淳一郎さん(52)は大阪・梅田で居酒屋「1969」を経営し、沢井もほかのきょうだいとともに店を支えている。淳一郎さんは、自身が選んだ「タイガーマスク」のテーマ曲で入場するまな娘に試合前から涙腺が緩んだという。「小さい頃からの思い出が一気によみがえってきて。高校3年で家出した時のこととか、つらかった時のこととか」と感慨にふけった。

 所属先の井岡弘樹会長は「果敢に打ち合いにいったのがよかった。相手はタイで3勝(3敗)と経験がありしぶとかったが、よく倒した。気持ちが強い」と合格点。技術的にも「空手をやっていたので距離感がいい。距離感は教えられないから」と天性の資質も評価していた。

最終更新:10/9(日) 16:34

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。