ここから本文です

慶大が快勝でタイに 5番・山口が2発5打点

デイリースポーツ 10/9(日) 16:01配信

 「東京六大学野球、慶大7-1法大」(9日、神宮球場)

 慶大が1勝1敗のタイとした。5番・山口翔大外野手(4年・桐光学園)が2本塁打を含む3安打5打点と大活躍した。

 1点を先制された直後の四回、高めの直球を捉え、1回戦に続き2戦連発となる逆転2ランを右翼席へ。六回の右前打をはさみ、七回にはスライダーをうまくバットに乗せ、ダメ押し3ランを再び右越えに運んだ。

 春は不調に苦しみ、大久保秀昭監督に指導を仰いで、バットを構える際に手の位置をベルト付近まで下げたフォームに改良。新フォームを身に付けた今季は、これで4本塁打目だ。

 「監督に付きっきりで見ていただいて、打ち方を一から作り直した。教えが自分のものになってきた。両方とも入るとは思わなかった」。成長を実感し、笑みがこぼれた山口。卒業後は社会人野球でプレーを続ける左のスラッガーが、前日サヨナラ負けした嫌なムードを吹き飛ばした。

最終更新:10/9(日) 16:14

デイリースポーツ