ここから本文です

ソフトバンクがファイナルS進出 ロッテに連勝

デイリースポーツ 10/9(日) 16:18配信

 「パCSファーストS・第2戦、ソフトバンク4-1ロッテ」(9日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクがロッテに連勝し、ファイナルステージ進出を決めた。

 0-1の四回1死から長谷川が四球で出塁。内野ゴロの間に2死二塁とし、明石が左前へ同点適時打。続く五回には先頭の高谷が左中間へ二塁打。中村晃の犠打で1死三塁とし、本多が右前へ勝ち越し適時打を放った。

 八回には安打と2四球などで1死満塁とし、今宮が左前へ2点適時打を放ち、ダメ押し。先発のバンデンハークは6回1失点の好投。七回から岩崎、スアレス、サファテと盤石の継投でリードを守り切った。

 この日、スタメン起用され、同点打を放った明石はヒーローインタビューで「ランナーを返す気持ちと、後ろにつなぐ気持ちだったんですけど、粘っているうちに感覚がよくなってヒットを打つことができました。札幌行っても全勝できるように頑張ります」と笑顔を見せていた。

 勝ち越し打の本多は「それまでの2打席がとんでもない凡退してたので、ドキドキしながら入ったんですが、とにかく(狙うのは)高目、高目と言い聞かせてました」と決勝打を振り返った。「プレッシャーもある中、この2戦を勝ち抜けたことは本当に力強かったです。一つの守備、一つの犠打、一つのアウトを取る難しさ。そういう一つ一つが大事じゃないかなと思います」とCSファイナルへ向けた決意を語った。

最終更新:10/9(日) 18:04

デイリースポーツ