ここから本文です

ベッキーに東野の第一声「老けてない?」

デイリースポーツ 10/9(日) 16:19配信

 タレントのベッキー(32)が、9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜、前10・00)にゲストコメンテーターとして初出演。進行役を務める東野幸治(49)の第一声が「ね、ちょっと老けてない?」だったことが共演のヒロミから暴露された。

【写真】“裸一貫”で再スタート ベッキー妹も思わず「ゴージャス」

 番組冒頭、ベッキーが紹介され、松本人志が「髪も切って、ねえ。顔もなんか、前よりも小さくなった」とロングヘアをバッサリ切ったベッキーに一言。ヒロミは笑いながら「こいつ(東野)ね、ベッキーに最初会って一言、『ね、ちょっと老けてない?』(と言った)」とこの日のやりとりを暴露した。

 ベッキーは「あたし、ビックリしました~!ビックリしました!」と明かすと、スタジオは爆笑。東野は口を開けて笑い、松本が「こいつに正義感ない!」、ヒロミも「オレもまだ(東野に)心開いてないからね。こわいからな」と笑わせた。

 番組中、「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫報道で注目された「センテンススプリング」の言葉が流行語大賞にノミネート確実という話題を取り上げた際、ベッキーは「私、東野さんが西の番組で、私のLINEを朗読したって情報入っております」とチクリ。

 突然の指摘に東野は目を泳がせながら、平謝り。「たまたま、ゲストが熊切あさ美さんで、モニターにどんとLINEの会話が出たんですよ。何かピンときて、2人で朗読したんですよ。終わってからオレ最低だなと」と説明し、「ホントすまん、ホントごめん。ホントにごめんなさい」と何度も頭を下げ、スタジオに笑いが起こっていた。

最終更新:10/9(日) 16:25

デイリースポーツ