ここから本文です

巨人・田口が7回1失点 尻上がりの好投

デイリースポーツ 10/9(日) 16:34配信

 「セCSファーストS・第2戦、巨人-DeNA」(9日、東京ドーム)

 巨人の先発・田口が7回1失点と好投した。

 二回1死から連打を浴び、一、三塁のピンチ。続く戸柱を空振りの三振に仕留めたものの、打者・今永の3球目がワイルドピッチとなり、先制点を献上した。

 続く三回2死満塁を白崎を三振に切り、ピンチを脱すると、尻上がりの投球で、七回まで1四球に抑える好投を見せた。七回の打席で代打が送られ、降板。7回、115球を4安打6三振1点と、負けられない試合で先発の役割を果たした。

最終更新:10/9(日) 16:42

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]