ここから本文です

巨人・長野のV打でタイに「何とか決めたいと」

デイリースポーツ 10/9(日) 16:49配信

 「セCSファーストS・第2戦、巨人2-1DeNA」(9日、東京ドーム)

 巨人がDeNAに競り勝ち、1勝1敗のタイとした。

 1点を追う三回、2死から坂本の2試合連続となるソロで同点。八回には、DeNAの2番手・三上を攻め、無死から坂本が右中間への二塁打。この後、1死三塁から村田は一ゴロに倒れたものの、阿部の敬遠四球で2死一、三塁とし、長野が値千金の中前適時打を放った。

 ヒーローの長野は「いいところに落ちたと思います」と笑顔で決勝の一打を振り返った。目の前で阿部が敬遠四球で歩かされ、相手バッテリーが長野との勝負を選んだが、「歩かされるのは分かっていたので、何とか決めたいなとは思ってました。来たボールはいこうと思ってました」と初球をたたいての意地の一打でもあった。

 後のない戦いで何とか踏みとどまった。「あした勝って広島に行きたいと思います」とファイナルステージ進出を誓っていた。

 先発・田口は7回1失点と好投。八回から登板の2番手・マシソンが2回を無失点に抑えた。

 DeNAの先発・今永は7回2安打1失点の力投を見せたが、2番手・三上が八回に捕まった。

最終更新:10/9(日) 17:13

デイリースポーツ