ここから本文です

巨人・田口、筒香封じ7回1失点 「得意の球で空振り取れた」

デイリースポーツ 10/9(日) 17:40配信

 「セCSファーストS・第2戦、巨人2-1DeNA」(9日、東京ドーム)

 負けられない試合で巨人・3年目の田口が7回4安打1失点の好投を見せた。

【写真】自らの暴投で先制点献上も尻上がりの好投

 立ち上がりは不安定で二回1死から連打を浴び、一、三塁のピンチ。続く戸柱を三振に仕留め、次打者は投手の今永とあってピンチを脱したかに思えたが、3球目がまさかの暴投となり、先制点を許してしまった。

 三回の2死満塁のピンチをしのぐと、得意のスライダーを武器に尻上がりに調子を上げた。前日、逆転2ランを放った4番・筒香を封じるなど、四回以降はノーヒットに抑え、味方の逆転を呼び込んだ。

 田口はヒーローインタビューで「CSで初めて投げさせてもらうことになったんですけど、本当はすごく緊張しましたし、不安な日々を過ごしていたんですけど、きょう朝起きて『思い切り楽しんでやろう』といい心境で迎えました」と、リラックスして先発のマウンドに上がったことを明かした。

 序盤に再三、ピンチを迎えたが、「打者に向かっていくぞという気持ちが優ったので、強い気持ちで立ち向かえてよかったです」と振り返った。

 相手の主砲・筒香を武器のスライダーを軸に封じたが、「僕の真っすぐの力不足というのもあるかもしれないですが、得意の球で空振りも取れたし、よかったです」と会心の笑みを見せていた。

最終更新:10/9(日) 21:11

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]