ここから本文です

DeNA・今永、坂本への被弾猛省「本塁打は不正解」 7回1失点も…

デイリースポーツ 10/9(日) 20:11配信

 「セCSファーストS・第2戦、巨人2-1DeNA」(9日、東京ドーム)

 ファイナルS進出へ王手をかけて臨んだDeNAが巨人に敗れ、1勝1敗のタイとされた。先発のドラフト1位左腕・今永昇太投手(23)は7回2安打1失点の好投を見せたものの「ホームランを回避する考え方ができていなかった」と、坂本への被弾を猛省した。

【写真】巨人・坂本 反撃の2試合連続弾

 1点リードで迎えた三回。8番・小林誠、9番・田口を打ち取り、打席には前日に本塁打を放つなど3安打1打点だった坂本。フルカウントからの8球目に投じた低めへのカーブを左翼席に運ばれた。「反省する材料が詰まっている。四球でも正解だったかもしれないし、二塁打でも正解だったかもしれない。ホームランだけが不正解」。険しい表情で言葉を紡いだ。

 初出場となるCSの舞台。「緊張はすごくあった」と振り返りながらも、堂々たる投球を披露した。篠原投手コーチは「試合は作ってくれた。本塁打はうまく打たれたとしか言えない」と責めず、女房役の戸柱も「プレッシャーがある中、力を出してくれた」とねぎらった。

 ファイナルSに進出すれば、再び登板のチャンスは巡ってくる。「もう一度、投げさせてもらえるなら、反省を生かしたい」と前向きな言葉を残した。

最終更新:10/9(日) 20:15

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]