ここから本文です

巨人・坂本、同点弾&決勝のホームイン 主将がチームけん引

デイリースポーツ 10/9(日) 20:33配信

 「セCSファーストS・第2戦、巨人2-1DeNA」(9日、東京ドーム)

 負ければシーズンが終わる試合で、巨人が何とか踏みとどまり、1勝1敗で逆王手をかけた。DeNA・今永に苦しめられた厳しい試合で、勝利をたぐり寄せたのがキャプテン・坂本のバットだった。

 前日に続いて1番で起用されると、三回2死無走者で左翼席への同点ソロアーチ。バットを短く持ち、今永の低目の変化球をすくい上げる技ありの一打。2試合連続の一発となった。

 八回には先頭打者として打席に入ると、DeNAの2番手・三上から右中間への二塁打。2死後、長野の中前打で勝ち越しのホームを踏んだ。巨人の全得点に絡む活躍をみせる一方で、好守で先発・田口を助けるなど、キャプテンがチームをけん引した。

 高橋監督も「今シーズンはずっと、坂本を軸に戦ってきたチームですし、きょうもいい形ができたんじゃないかと思います」と頼もしそうに話した。

最終更新:10/9(日) 20:38

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革