ここから本文です

本田真凜、V逸にも納得「すべて出した」 SP1位も、2位に

デイリースポーツ 10/9(日) 21:50配信

 「フィギュアスケート女子・近畿選手権」(9日、大阪府臨海スケートセンター)

 ジュニア女子のフリーを行い、ショートプログラム(SP)1位の本田真凜(15)=関大中=はフリー2位の129・94点で、合計195・06点の2位。逆転を許したが、納得の表情を浮かべた。最初の3回転ルッツから、ほぼミスのない内容に「(一つ前に演技した)梨花ちゃんの点数が、スイッチを入れてくれた。今できることはすべて出した」と、演技後は何度も両手を突き上げた。

 ジュニアGPシリーズ・スロベニア大会から帰国後に高熱を出したことで、時折、咳き込む場面も。体調が万全ではない中、ジュニアGPファイナル出場の吉報が届き「耐えて、最後にいいところだけ…」と、優勝を予告した。

最終更新:10/9(日) 23:18

デイリースポーツ