ここから本文です

広島・赤松、まさか?の一発 走塁、守備のスペシャリストが

デイリースポーツ 10/9(日) 23:16配信

 「広島紅白戦、紅組3-0白組」(9日、マツダスタジアム)

 広島の紅組・赤松真人外野手が、まさかの一発を放った。

【写真】特大弾にも堂々としていた?エルドレッド

 0-0の二回2死。カウント2ボール1ストライクから福井の123キロを捉え、左翼席の上段に放り込んだ。本塁打後は、自慢の快足を飛ばしてダイヤモンドを一周。ベンチでは、ナインから手荒い祝福を受けた。「偶然ですよ。ホームランを打つことに慣れていないから恥ずかしかった。カントリー(エルドレッド)は慣れているから、昨日の試合でホームランを打っても堂々としていたでしょ」と笑った。

 もちろん、この一発に浮かれてはいない。自身の本来の役割を、はっきりと認識している。「自分は代走や守備固めがメイン。そこからしっかりと支えていきたい」。

 短期決戦のCSファイナルSでは、一つの守備、一つの走塁でその後の試合展開が大きく変わることがある。決して派手ではないが、自らにしかできない仕事をまっとうして勝利に導く構えだ。

最終更新:10/10(月) 9:01

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。