ここから本文です

【JR九州IPO】2016年のIPOは勝率8割超。JR九州は第二のLINEになれるか?

投信1 10/9(日) 10:20配信

10月6日に九州旅客鉄道株式会社(証券コード:9142 以下、JR九州)のIPOの仮条件が2,400~2,600円と決定しました。7日からブックビルディング(抽選)開始です。

JR九州といえば、上場前から株式分割(小口化)、株主優待の拡充など、個人投資家を強く意識した施策を打ち出している企業です。また、2016年に上場した企業の中では、LINEに次ぐ大型上場となる点でも、多くの投資家の注目を集めています。

すぐにブックビルディング(抽選)に参加しようとしている人も多いことと思いますが、2016年のIPO市場の環境についておさらいした上で、今一度、JR九州のIPO概要、魅力と注意点をまとめておきましょう。

2016年のIPO市場の勝率は8割超!

2016年10月6日の時点で56社がIPO(上場)しました(REITは除く)。その内46社の初値(上場後最初についた株価)が公募価格(IPOに当選した投資家が手に入れる株価)を上回っており、勝率はなんと82%です(1社は公募価格=初値で引き分け、9社は公募価格>初値)。IPO株はその勝率の高さ故に「お宝」といわれますが、2016年もなかなか好調と言ってよいでしょう。

JR九州のIPO案件概要とスケジュール

JR九州の売出スケジュールとIPO価格等をおさらいします。

JR九州のIPO株を手に入れるには、販売を手掛ける証券会社に口座を開設して、10月7日から14日にかけて行われるブックビルディング(抽選)に参加する必要があります。証券口座の開設には、スピーディーに対応してくれるネット証券でも2-3営業日はかかるので、興味がある方はSBI証券、SMBC日興証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券あたりで口座開設しておくのが良いでしょう。

上場時の株価が2,400円~2,600円だとすれば、最低投資予算は24万円~26万円程度です。

参考(ネット証券自体について知りたい方向け)
>>ハードルが低めでクオリティは高い、株初心者におすすめのネット証券会社は? 

スケジュール 

 仮条件決定日
 2016年10月6日
 ブック・ビルディング期間
 2016年10月7日から10月14日まで
 売出価格決定日
 2016年10月17日
 申込期間
 2016年10月18日から10月21日まで
 受渡期日(=上場日)
 2016年10月25日

IPO価格等 

 想定価格(A)
 2,450円
 仮条件(B)
 2,400~2,600円
 公募価格(C)
 -
 初値(D)
 -
 上場時の発行済株式数(E)
 160,000,000
 想定時価総額(F)=(A)×(E)
 392,000,000,000
 上場時の市場流通株式数(G)
 160,000,000
 オファリングレシオ(H)=(G)÷(E)
 100%

元引受取引参加者等

三菱UFJモルガン・スタンレー証券、野村證券、JPモルガン証券、SMBC日興証券、大和証券、みずほ証券、岡三証券、東海東京証券、いちよし証券、SBI証券、SMBCフレンド証券、岩井コスモ証券、エース証券、東洋証券、マネックス証券、丸三証券、藍澤證券、水戸証券、エイチ・エス証券、極東証券、髙木証券、立花証券、ちばぎん証券、内藤証券、日本アジア証券、松井証券、むさし証券、あかつき証券、西日本シティTT証券、日の出証券、福岡証券、丸八証券、光世証券、リテラ・クレア証券、ゴールドマン・サックス証券、UBS証券、クレディ・スイス証券、シティグループ証券、バークレイズ証券、マッコーリ―キャピタル証券、メリルリンチ日本証券、安藤証券、今村証券、ウツミ屋証券、岡三にいがた証券、岡地証券、木村証券、共和証券、上光証券、第四証券、長野證券、中原証券、西村証券、日産証券、ニュース証券、八十二証券、ばんせい証券、フィリップ証券、三木証券、三田証券、山和証券、豊証券、リーディング証券

詳細に興味がある方は、「JR九州が上場(IPO)決定! -株価、事業、幹事証券まで徹底解説」をご覧ください。

1/2ページ

最終更新:10/9(日) 10:20

投信1