ここから本文です

同性カップルも結婚扱い、性別に関係ないトイレ…有名企業LGBT対応、学生らに説明

弁護士ドットコム 10/9(日) 16:30配信

職場での差別など、働くことに不安を感じているLGBTの学生らに向けて、自分らしく働ける企業の存在を知ってもらうためのワークエキスポ「RAINBOW CROSSING TOKYO」(主催:NPO法人ReBit)が10月8日、東京・港区で開かれた。

参加企業は日本電気(NEC)、グーグル、野村證券など「LGBTフレンドリー」な12社。北海道や沖縄など全国から来場した10~50代の約380人が、企業ごとに設置されたブースで各企業の取り組みなどを聞いた。先進事例を学ぼうと企業からも74社150人が訪れた。

たとえば、日本IBMでは、2016年から第三者の署名があれば、同性パートナーを「配偶者」として、手当などは異性婚カップルと同じ扱いをしているという。同社の担当者は、「会社にとって、社員の性別は関係ない。成果をあげてくれれば良いし、そのための環境を整えるのが会社の責任だ」と言う。

また、NTTグループは、社内外でLGBTに向けた施策をとっている。サービス利用者に対しては、2015年10月から携帯電話の「ファミリー割引」の対象を同性パートナーにまで拡大した。社内的には今年から同性カップルに対しても、結婚休暇や慶弔金などの制度の適用を始めている。そのほかの企業では、LGBTのことを知ってもらうための社員研修や、性別に関係なく使える「ジェンダーレストイレ」の設置などの取り組みも紹介されていた。

大学での進路の参考にしようと訪れた高校3年生は、「企業の取り組みが知れる貴重な機会だった。普段、企業が何をしているかなんて見えないし、(当事者だと分かってしまうので)こちらからは聞けない。もっと情報発信もしてほしい」と話していた。一方、就活の参考にと来場した大学3年生は「どの企業の取り組みも良かったけど、(参加しているのは)有名企業ばかりなので…」と複雑な表情。「より多くの企業に理解が広がってほしい」と切実に語った。

主催したReBitの藥師実芳代表は、「企業の取り組みを知ってもらい、少しでも不安が軽減するようにと企画した。『働くこと』と『生きること』は密接に結び付いている。自分らしく働ける場所の拡大につなげていきたい」と話していた。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:10/9(日) 16:30

弁護士ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。