ここから本文です

【GPG】大堀彩、松本&永原が決勝に進出!<タイOP>

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 10/9(日) 11:53配信

10月8日に開催されたバドミントンのタイOP(バンコク・GPG)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。日本からは男女シングルス、男女ダブルスの4種目に勝ち残った選手が、決勝の切符をかけて争った。

男子シングルスは西本拳太(中央大4年)がタイのエース格の選手と対戦。第1ゲーム19-21までねばった西本だったが、第2ゲームは16-21で敗れ決勝進出はならず。女子シングルスは大堀彩(トナミ運輸)が、世界ランク18位のタイ選手と激突し、第1ゲームを12本で先制。しかし、第2ゲームは相手に奪われファイナル勝負へともつれこんだ。すると、序盤でリードを奪ったのは大堀。連続得点で差を広げると、そのリードを守って勝利。決勝進出を決めている。

男子ダブルスは井上拓斗/金子祐樹(日本ユニシス)が、インドネシアペアとの接戦を切り抜けて白星を奪取。女子ダブルスでは松本麻佑/永原和可那(北都銀行)がタイペアを振り切り、今年のUSオープン準優勝以来の決勝進出を果たした。もう1組の加藤美幸/柏原みき(筑波大3年)は、タイの1番手ペアにストレートで敗れ4強に終わっている

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:10/9(日) 11:53

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]