ここから本文です

“SWORD地区”は実在した…『HiGH&LOW』新規ファンは『HiGH&LOW THE LIVE』を楽しめたのか?

dmenu映画 10/9(日) 10:00配信

すっかり『HiGH&LOW』シリーズにハマり、映画『HiGH&LOW THE MOVIE』を4回見ただけでは飽き足らず、暮らしのBGMは当然コンピレーション・アルバム『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』、そして夜な夜なドラマ版を視聴する日々(2周目)。自分でもこの熱狂ぶりが怖い!

ついにライブツアー『HiGH&LOW THE LIVE』の東京ドーム公演初日にも参加することになったのですが、正直なところ不安もありました。あくまで『HiGH&LOW』の物語が好きな自分に、ライブは楽しめるんだろうかと……。いや、行ってみたらまったく杞憂でしたね!

カー&バイクアクションで目の前にSWORD地区が!

簡単に説明すると、『HiGH&LOW』とは日本テレビとLDH(EXILEリーダーであるHIROが代表取締役社長を務める芸能プロダクション)が共同で立ち上げた総合エンターテインメント・プロジェクト。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」という5つのチームが拮抗している「SWORD地区」を巡る闘いの物語で、これまでドラマ20話が放送され、映画2本が公開されています(10月8日より映画最新作『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開)。最上級のアクションが話題をよび、いまや元々のEXILEファン以外からも人気を集めています。

その『HiGH&LOW』の世界観をライブで再現するとは、一体どんなことになるのでしょう? 会場にはコスプレをしたファンも多く、始まる前から賑やかな雰囲気。と、ついにライブが開演しましたが、オープニングはなんと楽曲からではありませんでした。グラウンドを自在に走り出す車、そしてバイク。カー&バイクアクションからのスタートです! バイクが次々とジャンプ台を飛び立ち、空中で宙返り。何メートルまでジャンプしているのか、見上げるほどの高さです。タイヤの焦げる匂いを嗅いで、私は「『HiGH&LOW』ってこういう物語だったんだ!」と電撃に打たれたような感覚に。頭ではなく体で理解できた! 今、目の前にSWORD地区が広がっている……!

1/3ページ

最終更新:10/9(日) 10:00

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]