ここから本文です

神戸製鋼がリコーを45-39で破り、勝ち点23。3位をキープ。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 10/9(日) 7:16配信

 トップリーグ第6節第1日は10月8日、東大阪市花園ラグビー場などで行われ、関西地区で行われた2試合では、神戸製鋼コベルコスティーラーズがリコーブラックラムズに45-39、トヨタ自動車ヴェルブリッツが近鉄ライナーズに25-19でそれぞれ勝利した。
 この結果、神鋼は勝ち点23で3位をキープ。勝ち点を19にしたトヨタは5位に浮上した。
 神鋼は38-39と1点差の後半38分、敵陣ゴール前のラックからSHアンドリュー・エリスのパスを受けたFBコディ・レイが左中間インゴールに飛び込む。レイはゴールキックも決め、逆転に成功した。冷や冷やの勝利に神鋼FLの橋本大輝主将は神妙だった。
「最低限の仕事(勝ち点4)ができて嬉しい。でもトライを取って、取られた部分は反省しないといけない」

10月6日TVアニメ放送開始。「ALL OUT!! DAY」で伝えられた、その魅力。

 トヨタは後半31分、トップリーグ初出場初先発のSO樺島亮太がPGを成功させた。25-9と試合を決めたかに見えたが、この後、PR浅堀航平が故意の反則(ノット10メートルバック)でシンビン。近鉄に2トライを奪われたが、なんとか逃げ切った。
「簡単な反則はゲームを壊す。非常に残念」
 トヨタ・菅原大志監督は渋い表情だった。
 なお、この花園での試合では、近鉄PRの田邉篤、さらには神鋼-トヨタ戦の笛を吹いた平林泰三レフリーがトップリーグ通算100試合出場を達成した。

最終更新:10/9(日) 7:16

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]