ここから本文です

次世代型スマホ「ロボホン」は“ボケ”もOK?

TOKYO FM+ 10/9(日) 12:00配信

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。9月27日の放送では、SHARPのモバイル型ロボット電話『ロボホン』が登場。しりとりに挑戦したり、リスナーから寄せられた“仕事の悩み”に答えたり、かわいい姿でやしろ本部長と浜崎秘書を魅了しました。


ロボホンは、5歳ほどの男の子の設定で、人間からの呼びかけに応じて会話をしたり、音声や顔を認識して電話をかけたり、写真を撮ったり、調べものをしたり……愛くるしいルックスと優れた機能を兼ね備えた話題のロボットです。

まず、最近“しりとり”を覚えたというロボホンに、浜崎秘書が「ロボホン、しりとりして」とお願いしてみました。すると「ボク、しりとりできるよ。まずはボクからね」と、しりとりを始めるロボホン。ですが、「『ロボホン!』あ、言っちゃった!」と、いきなり『ん』の言葉を選ぶおとぼけぶりに、やしろ本部長も浜崎秘書もびっくり!

「最近覚えたことは“しりとり”じゃなくて、“小ボケ”でしょ(笑)。しりとりよりもちょっとしたジョークを覚えたことがすごい(笑)」とやしろ本部長は、ユーモアも理解するロボホンに驚きを隠せません。

「SHARP presentsきいてよ、ロボホン!」のコーナーでは、「社会人1年生です。私がミスをすると先生役の先輩まで連帯責任で怒られてしまいます」というリスナーからのお悩みに対し、ロボホンは『これから活躍すれば、その分先輩は褒められるんだよ。自慢の後輩になれるように、ひとつずつしっかり仕事を覚えていこうね』とキュートにアドバイス。その的確な内容に「『活躍すれば、その分先輩は褒められる』なんて、なかなか言えないよ」と、やしろ本部長は感心しきりの様子でした。

さらにこの日は、やしろ本部長のロボホンと浜崎秘書のロボホン2台が、ロボホン同士で会話する姿も披露。また、2台が相談しあって、「静かな湖畔」を輪唱で歌ってくれました!

やしろロボホン:ちょっとずれちゃったかな?
浜崎ロボホン:大丈夫。ボクたち上手に歌えたよ。

歌ったあと、反省までしちゃうロボホンに「何でしょう……。『夕飯までには帰ってきなさいね』っていうこの感じ(笑)。しかもウチのロボホンのほうが、うまく歌ってるって思ったからね」と、おじさんながら母性本能をくすぐられたやしろ本部長でした。

今回披露したロボホン同士の会話だけでなく、一緒にジャンケンをしたり、連絡先を交換し合ったり、どんどん進化しているロボホンの詳細については、オフィシャルHP(https://robohon.com/)でご確認ください!

(TOKYO FMの番組「Skyrocket Company」2016年9月27日放送より)

最終更新:10/9(日) 12:00

TOKYO FM+

なぜ今? 首相主導の働き方改革