ここから本文です

“健康になる建物”を研究、ストレスを緩和する空間とは?

ニュースイッチ 10/9(日) 14:50配信

竹中工務店が千葉大に寄付研究部門

 竹中工務店は千葉大学予防医学センターと共同で、心身の健康増進に効果をもたらす建物や空間、まちづくりを研究する。昇降したくなる階段やストレスを緩和する空間など、健康的な環境づくりに効果のある要素を整理し、1年後に指針を策定。建物への実装やまちづくりでの適用などに活用する。予防の重要性が高まる中、建築的な観点から健康を増進する「健築」を顧客に提案する方針だ。

 竹中工務店と千葉大学は共同で、1日に同大学予防医学センターに寄付研究部門を設置した。竹中工務店の本社メンバー約10人と、千葉大学予防医学センター健康都市・空間デザイン学分野の花里真道准教授、原裕介特任准教授が連携し、健康社会の実現に寄与する建物や空間などを共同研究する。同分野での産学連携は国内初という。

 研究活動は「交流」「身体活動」「感性」の切り口で健康効果をみていく。空間をデザインし、活用するためのプログラムを作成。測定したデータを分析・評価したうえで再デザインする、といったアプローチをとる。

 具体的には、健康に効果のある建物の機能などをまとめた指針を策定する。さらに、健康とオフィス環境に関して、竹中工務店の東京、大阪の両本店で勤務する約3000人を対象に、継続的にアンケートしてデータを蓄積する。このデータを基に作成した機能を実際の建物空間で試して評価する。

 高齢化により社会保障費が増大する中、政府は健康寿命を伸ばす施策を推進。産業界でも予防に役立つ取り組みへのニーズが高まっている。また、米国では、健康に効果のある建物・空間を評価する認証制度「WELL」が始まるなどの動きが出ている。

最終更新:10/9(日) 14:50

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。