ここから本文です

テスラが電気自動車の工場を2倍に拡張。地元フリーモント市に計画案提出

ニュースイッチ 10/9(日) 15:20配信

2018年の生産台数は10倍の50万台に

 米テスラモーターズが電気自動車(EV)工場の建屋面積をほぼ倍に拡張させる計画案を、工場のあるカリフォルニア州フリーモント市に提出していることが明らかになった。サンフランシスコ・クロニクル紙が7日報じた。

 テスラは3万5000ドルという普及価格帯で来年後半出荷予定の「モデル3」について、数十万台規模の大量の事前予約を抱えていることから、当初2020年としていた年産50万台の計画を2018年に前倒しする考えを打ち出していた。ウォール・ストリート・ジャーナルは市側の担当者の見解として、来週木曜日にこの計画案を議論する市の計画委員会で、テスラの提案が了承される見通しだと伝えた。

 この工場はもともと1963年にGMが設置。その後、日本車の輸入急増に伴い、1982年にいったん閉鎖されたが、自動車分野での日米協調の象徴としてGMとトヨタ自動車との合弁会社NUMMI(ヌミ)の工場に生まれ変わった。それが、GMの経営破綻により2010年に再度閉鎖となり、EV事業に乗り出したテスラが買収、2012年に「モデルS」の生産を開始した。

 現在は6200人が勤務し、「モデルS」とSUVの「モデルX」を製造。現在の建屋面積は450万平方フィートで、新たに計460万平方フィートの施設を増設する。さらに工場北側に隣接する25エーカーの土地を買収済みという。テスラは工場増設に伴う雇用人数を明らかにしていないが、市計画局では3100人の雇用が新たに生まれると推定している。

 2015年のテスラ車の生産台数は5万500台。それに対し、モデル3は予約開始1週間で32万5000台を超えるなど滑り出しは順調で、その低価格から消費者および投資家の期待が高い。

 イーロン・マスクCEOは2020年末までに年間100万台のEV生産を目指すと公言しており、フリーモント工場のほか、北米での別の工場や、欧州、中国での生産も見込まれている。さらに同社の長期戦略には、電動式のピックアップトラックや小型SUV、大型商用車などの市場投入も含まれるという。

 工場増設のための資金調達が気になるところだが、ときにハラハラさせながらも、テスラの拡大戦略は止まらない。

最終更新:10/9(日) 15:20

ニュースイッチ

なぜ今? 首相主導の働き方改革