ここから本文です

ナダル 単は準々決勝敗退も、複で逆転優勝<男子テニス>

tennis365.net 2016/10/9(日) 18:32配信

チャイナ・オープン

男子テニスのチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)は9日、ダブルス決勝戦が行われ、P・カレノ=ブスタ(スペイン)/ R・ナダル(スペイン)組がJ・ソック(アメリカ)/ B・トミック(オーストラリア)組を6-7 (6-8), 6-2, 10-8の逆転で下し、優勝を飾った。

【錦織に惜敗ナダル 主審に抗議】

この日、タイブレークの末に第1セットを落としたカレノ=ブスタ/ ナダル組だったが、第2セットではソック/ トミック組に1度もブレークを許さず、セットカウント1-1に。

ファイナルセットの10ポイントマッチタイブレークでは、どちらも譲らない接戦を繰り広げるも、最後はカレノ=ブスタ/ ナダル組がポイントを連取し、1時間29分で勝利した。

ナダルは、チャイナ・オープンのシングルスに第2シードで出場していたが、準々決勝でG・ディミトロフ(ブルガリア)にストレートで敗れ4強入りを逃した。

また、ダブルスでは8月のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)でM・ロペス(スペイン)とペアで金メダルを獲得している。

tennis365.net

最終更新:2016/10/9(日) 18:32

tennis365.net

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!