ここから本文です

キリオスがゴファンとのフルセットを制してATP500初制覇 [楽天テニス]

THE TENNIS DAILY 10/9(日) 16:11配信

「楽天ジャパンオープン」(ATP500/本戦10月3~9日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/賞金総額136万8605ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第6シードのニック・キリオス(オーストラリア)が第5シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を4-6 6-3 7-5で下して大会初優勝を果たした。試合時間は2時間。

ダブルスは初コンビのグラノイェルス/マトコウスキがクラーセン/ラムを下して優勝 [楽天ジャパンオープン]

 ゴファンとキリオスは今回が初対戦。これまで両者ともにツアーで2勝を挙げていたが、ATP500の大会での初タイトルがかかっていた。

 初出場だった昨年は準々決勝でブノワ・ペール(フランス)に6-3 4-6 1-6で敗れていた21歳のキリオス。今大会では1回戦で予選勝者のライアン・ハリソン(アメリカ)を7-5 6-2で退け、2回戦はラデク・ステパネク(チェコ)が腰のケガで棄権したため不戦勝で勝ち上がり、準々決勝でジル・ミュラー(ルクセンブルク)を6-4 6-2で、準決勝では第2シードのガエル・モンフィス(フランス)を6-4 6-4で破って今季3度目の決勝進出を決めていた。

 今シーズンのキリオスは2月にマルセイユ(ATP250/室内ハードコート)でATPツアー初優勝を果たすと、8月にはアトランタ(ATP250/ハードコート)で2勝目。世界ランク自己最高の15位で今大会を迎えていた。

 キリオスの日本での優勝は、2012年の世界スーパージュニア(ITF Grade A/大阪・靭テニスセンター/ハードコート)以来となる。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:TOKYO, JAPAN - OCTOBER 09: Nick Kyrgios of Australia plays a backhand during the men's singles final match against David Goffin of Belgium on day seven of Rakuten Open 2016 at Ariake Colosseum on October 9, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

最終更新:10/9(日) 16:11

THE TENNIS DAILY