ここから本文です

ゲス川谷を酷評、西川史子「芸能人だからって偉いのかよ」橋本マナミも嫌悪感

MusicVoice 10/9(日) 16:32配信

 9日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』に、タレントの西川史子と橋本マナミが出演。未成年飲酒報道で活動自粛を発表したゲスの極み乙女。の川谷絵音を酷評した。西川は「芸能人だから特別みたいなのは気にくわない」などと厳しく話し、橋本は「私が身内なら思いっきりビンタしたい」と非難した。

 番組では、活動自粛を発表したゲスの極み乙女。川谷と、その新恋人で未成年飲酒報道により出演番組や舞台を降板したタレントのほのかりんの話題を取り上げた。

 ゲスの極み乙女。が12月のライブをもって活動自粛、さらに、12月にリリース予定だったアルバムが発売延期になったことを受け、西川は「自粛ではなくてちょっと延期しただけの気がして」と、その対応に疑問符を付けた。

 そして、「私は最初から言ってたんですけど、芸能人だからとか、アーティストだからとか特別だみたいな言い方をされるのがすごく気にくわなくて、芸能人だからって偉いのかよっていつも思ってたんですよ」と、川谷の立ち居振る舞いに対して嫌悪感を示した。

 さらに、「この人を好きになるなんとかりんもベッキーもそうなんですけど、ちょっと倫理観の薄い集団だなとしか見えない」とげんなりした様子だった。

 また、活動自粛を発表した川谷が、自身のツイッターで「必ず戻ってくる」と綴ったことに橋本は激怒。「ものすごく腹が立っていて、『戻ってくる』って言ってる時点で反省の色が感じられない」と酷評。

 さらに、「今回は不倫じゃなくて未成年飲酒っていう法律に関わることなので、それをやってるのにひょうひょうとしてる態度」に辛抱ならない胸の内を吐露し、「たぶんメンバーも激怒してますし、私が身内なら思いっきりビンタしたいです」と、他者に大きな迷惑をかける川谷を非難していた。

最終更新:10/9(日) 16:32

MusicVoice