ここから本文です

カンニング竹山がキレる「辛いときに頑張ったのは俺だぞ」ベッキー裏番組出演で

MusicVoice 10/9(日) 16:52配信

 お笑いタレントのカンニング竹山が9日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』で、共演陣から揶揄され、激怒する一幕があった。裏番組のフジテレビ系『ワイドナショー』に同じサンミュージックに所属する歌手でタレントのベッキーが出演しており、MCの爆笑問題・太田光に「キャスティングが逆」などと指摘された。これに竹山は声を荒げながら反論。更に「辛いときに頑張ったのは俺だぞ」とベッキーにメッセージを送った。

 番組では、未成年飲酒報道で、活動自粛を発表したゲスの極み乙女。の川谷絵音と、その新恋人でテレビ番組や舞台を降板したタレントのほのかりんを取り上げた。

 竹山は「作り出すものは才能があってすごく良いと思うんですよ」と川谷について話し、「でも、未成年は酒を飲んじゃいけない、タバコを吸っちゃいけないっていう、これが法治国家的なルールじゃないですか。公式に認めちゃいけないじゃないですか、未成年に酒が絡んでるからしょうがないですよ」と活動自粛は当然のことと持論を展開した。

 ここで共演していたタレントの西川史子に「サンミュージックもサンミュージックなんじゃないですか」と問いかけられ、竹山は「なんで? 川谷は別に関係ないじゃん」と頭にハテナマークを作った。

 西川は続けて、「今日、裏に出てるじゃないですか。おかしくないですか?」と言葉を重ね、同時間帯で放送されているフジテレビ系『ワイドナショー』に、竹山と同じサンミュージック所属で、歌手でタレントのベッキーが出演していることを持ち出した。

 これに竹山は「俺に言われても知らないよ。それを俺に言うなよ」と返したが、MCの太田も便乗。「俺も相沢社長に言いたいんですよ。キャスティング逆だろって」と、カメラ目線でサンミュージック社長の相沢氏にメッセージを送った。

 困惑する竹山は「どういうこったよ。俺ずっとこっちやってるよ」と語気を強めて一蹴したが、西川が「あんたがアッチ行けばいい」と太田の主張に乗っかると、竹山の怒りは沸騰。「向こう出たことないよ」と声を荒げながら、ベッキーのワイドナ出演に自身も驚いていたことを明かした。

 竹山はさらにカメラ目線で、「お前、辛いときに頑張ったのは俺だぞ。バカヤロー。冗談じゃねえ」とスタジオが爆笑に包まれる中、一人怒声を高めていた。

最終更新:10/9(日) 16:58

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]