ここから本文です

【セCS】巨人がファイナルS進出へ“逆王手” 坂本2試合連発&長野決勝打&田口好投

Full-Count 10/9(日) 16:47配信

9回はマシソンが締めて1勝1敗の五分に、10日の第3戦で決着へ

 巨人は9日、DeNAを2-1で下し、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの星を1勝1敗の五分に戻した。負ければ敗退の一戦で、先発・田口が7回4安打1失点と好投。打線は坂本の2試合連続ホームランで同点に追いつくと、終盤8回に長野が決勝打を放ち、ファイナルステージ進出へ“逆王手”をかけた。両チームは10日の第3戦で決着をつける。

巨人、投手陣の今季成績一覧

 先制したのはDeNA。2回、白崎と倉本のヒットで2死一、三塁とすると、巨人先発・田口のワンバウンドのボールを捕手・小林が止められず。暴投でDeNAに1点が入った。

 一方、巨人は3回に2死走者なしで坂本がDeNA先発・今永から左中間へソロ本塁打。CSでは1番に座る首位打者の2試合連続弾で同点に追いついた。

 その後は、若い両投手が好投。巨人は5回に2死一、二塁のチャンスを作るも、「2番・二塁」で先発に抜擢されたルーキー山本は中飛。DeNAは4回以降は無安打とチャンスを作れない。

 巨人は8回からマシソンが登板し、無失点に抑える。その裏、DeNAも今永から三上に継投すると、先頭の坂本が二塁打を放つ。代打・寺内は犠打を決めて坂本は三塁に。村田は一ゴロに倒れるも、長野はセンター前にしぶとく落とすタイムリー。1点を勝ち越した。センター桑原は猛ダッシュして飛び込むも、わずかに及ばなかった。

 巨人は前日に被弾した守護神・澤村ではなく、マシソンが9回も続投。無失点に抑え、2-1で勝利して“逆王手”をかけた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/9(日) 16:57

Full-Count