ここから本文です

龍馬夫妻の恋文ポスト 横須賀、高校生がブロンズ像制作

カナロコ by 神奈川新聞 10/9(日) 9:03配信

 晩年を横須賀で過ごした坂本龍馬の妻、おりょうにちなみ、私立湘南学院高校(横須賀市佐原)の生徒が制作した坂本夫妻のブロンズ像の除幕式が8日、大津おりょう公園(同市大津町)近くの郵便ポストで開かれた。

 ブロンズ像は高さ約50センチ。同高生徒会が中心となり、地域活性化や手紙文化の振興を目的に「龍馬とおりょうの恋文ポスト」と銘打って制作を開始。8月からインターネットで200万円を目標に寄付金を募り、協力を呼び掛けてきた。

 おりょうゆかりの公園近くの郵便ポストにお目見えしたブロンズ像。除幕式には、生徒会メンバーが和服姿で、龍馬夫妻に扮(ふん)して登場。寄付に協力した地元企業などを前に、生徒会長(18)=3年=が「手紙のやりとりの大切さや、地元が元気になるための協力が少しでもできたことは、一生の宝」とあいさつした。

 除幕式は、おりょうの墓がある信楽寺(同市大津町)の墓前祭に合わせて開かれた。

最終更新:10/9(日) 9:03

カナロコ by 神奈川新聞