ここから本文です

三浦春馬、キンキーブーツ来日に期待

Lmaga.jp 10/9(日) 9:00配信

この夏、三浦春馬のドラァグクイーン役が話題となったミュージカル『キンキーブーツ』。5日、ミュージカルの本場アメリカからUSツアーキャストが来日し、東京公演をスタート。初日には三浦をはじめ、小池徹平ら日本版のキャストなど、大勢のファンが訪れた。

【写真】日本版ローラを演じ、ヒップラインが見事な三浦春馬

初日公演を前に行われたレッドカーペットには、小池徹平と三浦春馬を筆頭に、日本版演出協力・上演台本の岸谷五朗のほか、俳優やモデル、ドラァグクイーンら豪華著名人が登壇。日本版でローラを演じた三浦春馬は、「本当に楽しみにしていました。僕らが先陣を切って楽しんでいきたい」と期待を寄せた。

本作は、2013年トニー賞で最多となる13部門にノミネートされ、作品賞、主演男優賞、オリジナル楽曲賞、振付賞、編曲賞、衣装デザイン賞の6部門を受賞。 突然の父親の死によって、経営難の靴工場を継ぐことになったチャーリーが、ドラァグクイーンのローラとの出会いによって、幾多の困難を乗り越えていくサクセス・ストーリーだ。大阪公演は「オリックス劇場」(大阪市西区)で、11月2日から6日まで。チケットはS席12,800円ほか、各プレイガイドで発売中。

最終更新:10/9(日) 9:00

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]