ここから本文です

バトン、日本GPで最後尾グリッドに。F1パワーユニットを“戦略的交換”

オートスポーツweb 10/9(日) 12:55配信

 マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンが、日本GP決勝を前にパワーユニットを交換、グリッド降格ペナルティを受けることとなった。バトンは最後尾スタートになる見込みだ。

2016年第17戦日本GP 仲良く記念撮影するフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 バトンは予選17位、17番グリッドからスタートする予定だったが、ホンダはICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクスを“戦略的”理由で交換した。これらはすべて6基目にあたるため、合計35グリッド降格、最後尾に落ちるものとみられる。

 バトンはこれによりアロンソと同様にアップデート版エンジンブロックを使用することになる。

 ホンダは地元グランプリでのグリッドダウンを避けるため、今回バトンのパワーユニットにアップデートエレメントを入れる予定はなかったが、予選17番手に終わったため、次戦大量ペナルティを受けるより鈴鹿で交換するという判断を土曜夜に下したと言われている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/9(日) 13:03

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。