ここから本文です

【スーパーGTタイ】GT300優勝会見:土屋武士&松井孝允

オートスポーツweb 10/9(日) 22:55配信

 スーパーGT第7戦タイの決勝レースでGT300クラスで今季初優勝を飾ったVivaC 86 MCの土屋武士と松井孝允が、決勝の戦いを振り返った。

VivaC 86 MC
土屋武士


 まずはGT500クラスを制したふたりにおめでとうと言いたいですね。彼ら(TEAM UPGARAGE with BANDOH)は勝つことが簡単ではないレースに、プライベーターとして挑戦して優勝したチームですから。

 僕たちのレースに関して言えば、チャンピオンシップもかかっているので嬉しい結果です。昨日の(松井)孝允の走りから盗んだモノがあって、今日の朝のセッションでは走りに活かすことができました。

 レースも思うような展開になりました。最後は孝允と(ヤン・)マーデンボローの一騎打ちになるだろうと思っていましたから。

 ただ、最後フューエルポンプにトラブルがあり、エンジンに息継ぎの症状が出てしまいました。ガス欠かフューエルポンプのどちらかが原因だと思い、無線でやり取りをしながら、サブタンクに切り替えるよう指示しました。その結果、症状が改善したわけです。

 昨日、今日と孝允の走りがここ(優勝)に導いてくれたことは間違いないので、嬉しいですね。

松井孝允


 今シーズン3回目のポールポジションで、本当に勝ちたかったレースで勝てたので嬉しいです。

 昨日、クルマに関してわがままを言ってしまい、メカニックの方々に夜遅くまでの作業を強いてしまいました。

 その上、朝のフリー走行ではコースアウトがあり、ここでも(メカニックには)決勝に向けてクルマを完璧に仕上げるために無理を強いてしまいした。このチームで勝つことができて、本当に嬉しいです。


[オートスポーツweb ]

最終更新:10/9(日) 22:57

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]