ここから本文です

感性あふれる芸術そろう 県中学校文化祭

北日本新聞 10/9(日) 14:33配信

 第21回県中学校文化祭が9日、県高岡文化ホールで開かれ、県内の中学校と特別支援学校の生徒が音楽や美術、演劇などの各分野でこれまで積み重ねてきた成果を発表した。

 開会式で、滝脇一夫県中学校文化連盟会長があいさつ。文化祭のポスター原画で最優秀賞を受けた上森好乃さん(高岡市福岡3年)、スローガンで同賞に選ばれた藤信裕人さん(南砺市井口3年)を表彰した。生徒を代表し、氏川涼太さん(射水市小杉南3年)があいさつした。

 音楽部門に7校が出場。合唱や吹奏楽、ギターマンドリン合奏で息の合ったステージを繰り広げた。美術部門には立体、平面に計205点が寄せられ、感性あふれる作品が並んだ。意見発表や科学研究発表、書作品の展示、郷土芸能や演劇の舞台などもあった。

 県中学校文化祭は11月3日の本紙に特集を掲載します。

北日本新聞社

最終更新:10/9(日) 14:33

北日本新聞