ここから本文です

ビートラム最終日にぎわう 多彩な17組出演

北日本新聞 10/9(日) 22:12配信

 野外音楽イベント「ビートラム・ミュージック・フェスティバル2016」の最終日は9日、富山市の富山城址公園を主会場に開かれ、大勢の若者や親子連れでにぎわった。ポップスやロック、エレクトロニカなどのジャンルから17組が出演し、多彩なステージを繰り広げた。

 メインステージには藤井隆さんやマイア・ヒラサワさんら人気者が登場。お笑い芸人としても知られる藤井さんは「限界まで踊って一緒にやせませんか」と笑いを誘い、ダンサブルな曲を連発した。大トリの大橋トリオさんは、洗練された演奏に乗せ、ぬくもりのあるボーカルを聞かせた。

 公園内に設けられたプラタナスステージでは、「DE DE MOUSE」さんが高揚感あふれる電子音楽を繰り広げた。南壽あさ子さんは透明感あふれる歌声を披露した。路面電車に乗って演奏を楽しむトラムステージも盛り上がった。無料の「音楽食堂」では、富山を拠点にする「smoug」が繊細なサウンドを響かせた。

 富山商工会議所、富山地方鉄道、北日本新聞社などでつくる実行委員会主催。

北日本新聞社

最終更新:10/9(日) 22:12

北日本新聞