ここから本文です

ソフトB、連勝でファイナル進出 ロッテは初のファーストステージ敗退

ベースボールキング 10/9(日) 16:24配信

パCSファーストステージ第2戦
○ ソフトバンク 4 - 1 ロッテ ●
<10月9日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクが2試合連続の逆転勝利でファーストステージ突破。3年連続の日本シリーズ進出をかけ、王者・日本ハムとのファイナルステージ(札幌ドーム)に臨むことになった。

 ソフトバンクは1点を追う4回、7番明石が左翼線にしぶとく落とす適時打を放ち同点に追いつくと、続く5回は9番高谷の二塁打を口火に一死三塁の好機を作ると、2番本多が勝ち越しとなる適時打を右前へ運んだ。8回には、前日に続き8番今宮が貴重な2点適時打。少ない好機を活かし8安打で4点を奪った。

 先発のバンデンハークは初回、1番清田に先頭打者弾を浴び、さらに無死一、二塁のピンチを背負ったものの、4番デスパイネを併殺に打ち取り初回を最少失点。2回以降はロッテ打線にチャンスを作らせず、6回を5安打6奪三振1失点の好投で先発の役割を果たした。

 7回以降は岩崎、スアレス、サファテが無失点リレーでつなぎ逃げ切り勝ち。2連勝でロッテを退け、日本ハムへのリベンジ権を得た。

 ロッテは清田が2戦連続の先頭打者弾を放つも、その後の好機でデスパイネが痛恨の併殺打。第1戦に続き打線が次の1点をなかなか奪えず、プレーオフ時代も含め初のCSファーストステージ敗退となった。

BASEBALL KING

最終更新:10/9(日) 17:30

ベースボールキング