ここから本文です

カバーニ、パリSGとの契約延長交渉が進展せず クラブは流出を危惧

SOCCER KING 10/9(日) 14:06配信

 パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、同クラブとの契約延長交渉を先延ばしにした。8日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 同紙によると、パリ・サンジェルマンはクラブのエースを務めるカバーニに対して、2018年6月で失効となる契約の延長を打診している模様。しかしこれに対してカバーニは未だにサインしておらず、クラブはエースの流出を恐れているという。

 このまま契約延長交渉が進展しない場合、カバーニは2018年1月の移籍市場で、夏のフリー移籍へ向けた交渉を他クラブと行える状況となる。その際は、今夏にもアトレティコ・マドリードやチェルシーなど複数クラブから関心を示されていたカバーニの争奪戦が勃発すると予想される。

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(現マンチェスター・U)が去ったチームにおいて、カバーニは新エースとして奮闘。ここまでのリーグ・アン7試合に出場し8ゴールを記録しており、リーグ得点ランクトップに立っている。

SOCCER KING

最終更新:10/9(日) 14:12

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]