ここから本文です

山口蛍、歓喜の余韻はなし 豪州戦は「絶対に勝たなくてはいけない」

SOCCER KING 10/9(日) 22:34配信

 目の前には表情を引き締めたMF山口蛍(セレッソ大阪)が立っていた。「(歓喜の)余韻に浸っていても仕方ない。もう切り替えています」。9日、日本代表は2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選・オーストラリア戦に向けて非公開調整を実施。3日前のイラク戦、引き分け以下ならW杯出場も危ぶまれた瀬戸際で劇的決勝ゴールを決めた殊勲のヒーローは、しっかりと11日のオーストラリア戦を見据えていた。

 敵地でグループ最強のオーストラリアを叩くのは間違いなく至難だ。山口は「今後を左右する試合になる。勝ちと引き分けでは違うし、もちろん負けは絶対に許されない」と力を込める。これまで日本はW杯アジア予選で6度対戦しているが、4分け2敗と勝利なし。さらに、今回の会場となるメルボルンでは親善試合を含めて4戦全敗と過去1度も勝ったことがない。イラク戦以上にタフな戦いを強いられるだろう。

 オーストラリアの映像を確認した山口は、「高さもあるが、それだけではない。後ろからつないでくるイメージがあって、そこは結構危険かもしれない」と指摘。中盤での攻防が一つのポイントになりそうだ。

「縦に速く(ボールを)出す時もあれば、時間をかけてしっかりとつないでもいい。そこで急いでボールを失ってしまうと、また相手ボールになって守備からしなければいけない。全員の意思統一の下、使い分けていけたらいい」

 そう言ってイメージを膨らませる山口は、相手がタフであればあるほど、持ち味である“デュエル”(一対一の戦い)の強さを発揮する。的確な読みと鋭い出足の寄せでチャンスの芽を摘み、ボールを失えば、すぐさま攻守の切り替えを行う。パスをつなぐスタイルに変化しているとはいえ、強いフィジカルを備えるオーストラリアには、山口が持つ球際の強さを生かしたい。本人は「どの試合でも自分の役割は変わらないし、相手によって自分のプレースタイルを変えるわけでもない。自分が持っているもの、持ち味の部分をどの試合でもしっかり出せるようにすることが重要」と淡々と語るが、彼への期待は自然と高まる。

 イラク戦当日に26歳の誕生日を迎えた山口は、宿舎で開かれた誕生会で「自分の誕生日より、ゴールよりも、チームの勝利がうれしい」とスピーチしたという。勝利への執着心は人一倍。勝てば一気に首位浮上の可能性もある大一番で、「選手全員が絶対に勝たなくてはいけないと思っているし、僕自身もそう思う。最初から全力で持てるものすべてを出したい」と最大のライバルから勝ち点3を奪い、ロシアへの道を切り開くつもりだ。

文=高尾太恵子

SOCCER KING

最終更新:10/9(日) 22:34

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。