ここから本文です

ナポリに大きな痛手…公式戦9戦7発の22歳FWが少なくとも4か月離脱か

ゲキサカ 10/9(日) 14:55配信

 ナポリの期待の若手FWアルカディウシュ・ミリク(22)が、代表戦で左膝前十字靭帯を断裂してしまったようだ。『コリエレ・デロ・スポルト』が報じている。

 ポーランド代表のミリクは、8日に行われたW杯欧州予選のデンマーク代表戦で先発出場。だが、前半41分、左からのクロスにスライディングで合わせに行くと、相手DFのスライディングを背後から受けて負傷。ハーフタイムで交代となっていた。

 報道によると、ミリクは左膝前十字靭帯を断裂し、少なくとも4か月の離脱となる見込み。今夏アヤックスから加入した22歳ストライカーは、ここまで公式戦9試合で7ゴールを記録。センセーショナルなスタートを切り、ユベントスに移籍したFWゴンサロ・イグアインの後釜として期待されていた。

最終更新:10/9(日) 14:55

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報