ここから本文です

G大阪が3年連続決勝へ!横浜FMは先制も15年ぶりファイナルならず

ゲキサカ 10/9(日) 15:50配信

[10.9 ルヴァン杯準決勝第2戦 横浜FM1-1G大阪 日産ス]

 ルヴァン杯準決勝第2戦が9日に行われ、日産スタジアムで行われた横浜F・マリノスとガンバ大阪による一戦は、1-1の引き分けに終わった。ただし、吹田スタジアムでの第1戦をスコアレスで終えていたため、アウェーゴールの差でG大阪が3年連続の決勝戦に駒を進めた。決勝は15日に埼玉スタジアムで行われる。

 5日に吹田スタジアムで行った第1戦は、両GKの奮闘もありスコアレスドロー。場所を日産スタジアムに移した第2戦にすべてを賭けることになった。

 横浜FMはエースのMF中村俊輔がこの日も負傷欠場。第1戦で負傷交代したDF栗原勇蔵も欠場し、代わってDFパク・ジョンスが先発した。対するG大阪は第1戦で休養が与えられていたMF遠藤保仁が先発復帰。FWパトリックに代わってFWアデミウソンが先発で起用された。

 前半最大の見せ場は23分、G大阪はMF井手口陽介が中盤でボールをカットすると素早く前線にロングパス。反応したFWアデミウソンがDF中澤佑二をなぎ倒す強引な突破でゴール前まで運ぶと、GK榎本哲也もかわして無人のゴールに左足シュートを蹴り込む。

 しかしこの場面で横浜FMはパク・ジョンスが懸命のカバーリングを見せる。これが間一髪間に合い、ヘディングでかき出して、先制を許さなかった。ただ横浜FMも攻撃面では大きなチャンスを作ることが出来ず、前半はスコアレスで折り返した。

 後半に入るとようやく試合が動く。11分、右サイドでボールを持ったMF中町公祐のスルーパスでFW伊藤翔がエリア内に侵入。右足を振りぬくと、グラウンダーのシュートが左隅を揺らし、待望の先制点になった。しかし伊藤は直後に足をつってしまったため、FW富樫敬真と交代した。

 ただG大阪も黙ってはいない。DF米倉恒貴のヒールパスでエリア内で前を向いたMF藤本淳吾が横に折り返すと、フリーになっていた遠藤が右足で蹴り込み、あっさり試合を振り出しに戻す。ドローなら勝ちという貴重なアウェーゴールを奪った。

 前に出るしかなくなった横浜FMは、後半25分からMF天野純に代えてMF兵藤慎剛を投入。対するG大阪もアデミウソンに代えてFW長沢駿、藤本に代えてMF大森晃太郎と勝ちに行く、勝負を決める1点を奪いに行った。

 ただし試合はこのままスコアが動かず、1-1で終了。アウェーゴールで上回るG大阪が、15年ぶりの決勝進出を目指した横浜FMの夢を打ち砕いた。決勝は15日。G大阪は3度目のリーグ杯制覇をかける。

最終更新:10/9(日) 15:54

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。