ここから本文です

気迫の顔面スーパークリアも横浜FMの勝利に繋がらず…DFパク・ジョンス「切り替えたい」

ゲキサカ 10/9(日) 18:17配信

[10.9 ルヴァン杯準決勝第2戦 横浜FM1-1G大阪 日産ス]

 気迫の顔面クリアも勝利には繋がらなかった。横浜F・マリノスは前半23分、DFの裏にパスを通されると、FWアデミウソンに突破を許す。DF中澤佑二が体を当てて止めに行くが、スピードで振り切られると、GK榎本哲也もかわされてしまう。

 しかしそこに猛スピードでカバーリングに入ったのがDFパク・ジョンスだった。DF栗原勇蔵が第1戦で負傷したこともあり巡ってきた先発のチャンス。背番号2は一直線にシュートコースに入ると、ゴールライン上で顔面に当てて、間一髪のところで失点を防いだ。

「自分とすればゴールに入らないように、コースに入ってシュートを防いだだけです。とにかく何とかしなければいけない、防がないといけないという感じでコースに入りました」

 だが後半、横浜FMは11分にFW伊藤翔のゴールで先制したものの、同18分にアウェーゴールを喫してしまう。第1戦をスコアレスで終えていたため、チームとして15年ぶりの決勝進出の夢は散ってしまった。

 1点をリードするまではいい展開だったと話したパクも、「そのあとはG大阪もかなり激しく来たし、そこで同点にされてしまった。そんなところです」と声を落とす。それでも「マリノスの選手として試合に出る以上、すべての大会で優勝カップを手にしたいと臨んでいる」と気合を入れ直すと、「残り試合もありますし、天皇杯も残っているので次に切り替えていきたい」と必死に顔を上げていた。

最終更新:10/9(日) 18:18

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]