ここから本文です

太鼓台練り勇ましく 西条まつり開幕

愛媛新聞ONLINE 10/9(日) 8:33配信

 多くの西条市民が待ちわびていた豪華絢爛な西条まつりが8日、嘉母神社(愛媛県西条市禎瑞)の祭礼を皮切りに始まり、気合を入れた子どもが指揮する高さ約4メートルの太鼓台が太鼓の音を響かせ地区内を練り歩いた。
 太鼓台を手作りして始まった嘉母神社の祭礼は、子どもが中心となって運行するのが特徴。8日は午後2時ごろから子どもらが集まり、神社で安全祈願祭を行った。境内では近くの太鼓台3台で、各地区の大人が力を合わせて差し上げや練りを披露し、周囲からは拍手が湧き起こった。
 9日は午前7時45分に宮出しをして同校前などを統一運行。午後5時半ごろに宮入りする。
西条まつりは14、15日に石岡神社(氷見)、15、16日に「川入り」で有名な伊曽乃神社(中野)、16、17日には飯積神社(下島山)の祭礼が行われる。

愛媛新聞社

最終更新:10/9(日) 9:20

愛媛新聞ONLINE

なぜ今? 首相主導の働き方改革