ここから本文です

私学への支援拡充訴え 松山で大会

愛媛新聞ONLINE 10/9(日) 14:54配信

 愛媛県内の私立中高校の教育環境充実に向けた県私学振興大会が8日、松山市であった。保護者や教職員ら約400人が出席し、運営補助金の増額や保護者の教育費の負担軽減を国や県に要望した。
 県私立中学高校連合会などが主催し5回目。会長の中村道郎愛光学園校長はあいさつで、2016年度の生徒1人当たりの運営補助金は中学が全国10位だが、高校は36位で全国平均を下回ると指摘。「私立と公立では保護者の負担や耐震化を含む教育環境に差がある」とし支援拡充を訴えた。

愛媛新聞社

最終更新:10/9(日) 14:54

愛媛新聞ONLINE